XAMPPをインストールする

XAMPPとは、ApacheやPHP、MySQL...等のアプリケーションをひとまとめにした 非常にインストールが容易なお手軽パッケージです。

余分なものが入っているといえば入っていますが、「即開発を開始したい!」というときには 便利ですね。

パッケージに同梱されているもの

+ Apache 2.0.53
+ MySQL 4.1.11
+ PHP 5.0.4 + PHP 4.3.11 + PEAR
+ eAccelerator 0.9.2a
+ PHP-Switch win32 1.0 (von Apachefriends, man nehme die "php-switch.bat")
+ XAMPP Control Version 1.0
+ XAMPP Security 1.0
+ SQLite 2.8.15
+ OpenSSL 0.9.7f
+ phpMyAdmin 2.6.1-pl3
+ ADODB 4.60
+ Mercury Mail Transport System for Win32 and NetWare Systems v4.01a
+ FileZilla FTP Server 0.9.6a
+ Webalizer 2.01-10
+ Zend Optimizer 2.5.7

さて、ここではWindows環境へXAMPPをインストールします。 XAMPP1.4.13(2005/05/26)を対象に話を進めていきます。

Apache friendsからXAMPP1.4.13 Installerを任意のフォルダにダウンロードします。

インストールファイル

ダウンロードしたファイルを実行しインストールを開始します。

言語選択

Japaneseが選択されているのを確認し[OK]ボタンをクリックします。

この後は、[次へ]->[同意します] へとインストーラーが進んでいきます。

インストール先設定

インストール先の設定です。特に問題が無ければ、[インストール]ボタンをクリックします。

インストールが開始され、セットアップウィザードが終了すればインストールは完了です。

XAMPPを起動します。XAMPPでは、各アプリケーションがサービスとしてインストールされません。 そのため、最初にXAMPPを起動する必要があります。

スタートメニューにsampp basic startというのがあります。これがxamppの起動になります。

xamppの起動

停止は、sampp basic stopで行うことができます。

スタートすると下記の画面が表示されるはずです。これは、最小化するなどしておきます。

xampp起動プロンプト

XAMPPには、XAMPPを管理するツールが用意されています。

InternetExplorerを起動し、アドレスにhttp://localhost/と入力します。 下記画面が表示されれば、とりあえず起動していることが確認できます。

xampp管理画面

ここで、「English」を選択するとさまざまな操作のできる画面が表示されます。

xampp管理メニュー

左のメニューから「Status」をクリックすると各種アプリケーションの動作状況が確認できます。 「Security」をクリックすると、各種アプリケーションのセキュリティーチェックが表示されます。

XAMPPでは、インストール直後 MySQLのrootパスワードは設定されていません。 こういった、セキュリティ上問題になりそうな部分を表示してくれます。

xamppセキュリティーチェック