Subversionをインストールする

Windows環境へSubversionをインストールします。 ここでは、Subversion 1.5.1 をインストールする手順を記録します。

Windows用の最新バイナリをSubversion公式ページからダウンロードします。 (Setup-Subversion-1.5.1.en-us.msi)

バイナリファイル

ダウンロードしたSetup-Subversion-1.5.1.en-us.msiファイルを実行します。

次の画面が表示されるので「Next」をクリックします。

Welcome画面

Information

ターゲットにするApacheのバージョンを指定します。ここでは、Apache2.2.xを選択しました。

※Apacheがインストールされていなくても問題ありません。

対象とするApacheのバージョンを選択

インストール先を指定します。

インストール先の指定

「Install」ボタンをクリックしインストールを開始します。

インストールの開始

インストール完了後、メッセージが表示されます。Windows 9xにインストールした場合、 パスを通すようにメッセージが表示されます。

メッセージ

今回は、Windows2003のためそのまま終了します。以上でインストールが終了します。

インストール確認

Subversionがインストールされたかどうかは、コマンドプロンプトで次のコマンドを実行し確認します。

次のように表示されれば、インストール成功です。

C:>svn --version
svn, バージョン 1.5.1 (r32289)
   コンパイル日時: Jul 25 2008, 11:09:31

Subversionをサービスへ登録する

サービスへ登録する

Subversionをサービスへ登録するには、コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

C:>sc create svn binpath= "\"C:\program files\svn\bin\svnserve.exe\" --service
      -r C:\svn" displayname= "Subversion Server" depend= Tcpip start= auto

svnは、サービス名になります。-r の後のパスは、リポジトリのパスを指定します。 displaynameに指定した名前は、「管理ツール」の「サービス」に表示される名前になります。

Subversionのサービスの起動と停止

C:>net start svn
C:>net stop svn

Subversionのサービスを削除する

Subversionのサービスを削除するには、サービスを停止後「sc」コマンドで削除します。

C:>net stop svn
C:>sc delete svn