WindowsへPEARをインストールする

Windows環境へPEARをインストールします。 ここでは、php5がすでにインストール済みであるという前提で話を進めていきます。

phpをインストールしたフォルダに go-pear.bat というバッチファイルがあります。

コマンドプロンプトから go-pear.bat を実行します。

コマンドプロンプトでgo-pear.batと入力

インストールを開始するのでEnterキーを押します。

Proxyの確認

Proxy経由の場合、Proxyのアドレスとポートを指定します。直接繋がっている場合、Enterキーを押します。

php等のパスの確認

Pathを変更する必要がある場合、変更したい項目の番号を入力します。 変更する必要の無い場合、Enterキーを押します。

php.iniの変更確認

インストールが開始され「php.iniを変更しいいか」と聞かれるので Y と入力します。 php.iniの変更箇所は、include_pathにpearのパス(c:\php\pear)が追加されます。

include_path = ".;c:\php\smarty;c:\php\pear"

php.iniの変更内容を確認

Enterキーを押します。

インストールの完了

「パスを通すといいですよ!」とかるく言っています。pearのコマンドを使う場合は、通しておくといいと思います。

例えば、インストールされたパッケージを確認するには

C:\php>php.exe c:\php\pear\pearcmd.php list

のようにします。

php4.xでPEARをインストールする

phpをdドライブ等別のドライブへインストールした場合、各種パスを設定するところで php.exeのパスの設定が必要になります。 例えば、dドライブにインストールしている場合 d:\php\cli\php.exe と指定します。