Apacheの設定

Apacheの動作を決める設定ファイルを編集します。 Apacheをインストールしたフォルダにconfというフォルダが作成されています。 その中のhttpd.confファイルがApacheの動作を決めるファイルになります。

念のためhttpd.confをhttpd.orgとかにしてバックアップを作成します。

まず、インストール時に設定したServerNameが正しく設定されているか確認します。 Apacheの設定項目は、ディレクティブと呼ばれディレクティブと設定内容を記述します。 httpd.confからServerNameディレクティブを検索します。

インストール時に設定したServerNameが書かれているはずです。

次にこのサーバーにアクセスした時、基準となるディレクトリを設定します。 この設定は、DocumentRootディレクティブに設定します。

DocumentRoot d:\public_html

DocumentRootを変更したため<Directory>ディレクティブも変更します。 デフォルトでは<Directory "d:\public_html">とします。

<Directory "d:\public_html">

ホームページにアクセスする際、ファイル名を省略したとき優先されるファイル名を設定します。 この設定は、DirectoryIndexディレクティブを使用します。

DirectoryIndex index.html index.htm index.shtml index.cgi index.php

ここにあげてあるのは基本的な設定のみです。