Alfresco3.2r2をインストールする

ドキュメント管理の話が持ち上がり、いろいろ調べてみたのですが多くの製品がありなかなか難しいです。

  • Documentum(EMC)
  • DocuShare
  • eValue NS
  • FileNet(IBM)
  • FullWeb
  • Open Text
  • Oracle Universal Content Management
  • Ridoc
  • ラビニティ
  • Alfresco
  • knowledgetree
  • O3Spaces

これらDMS(ドキュメントマネージメントシステム)やらECM(エンタープライズコンテンツマネージメント)と呼ばれる多くの アプリケーションがあります。

その中でもオープンソースのAlfrescoをインストールし、試してみたいと思います。

Alfresco3.2r2のインストール

Alfrescoには、Enterprise EditionとCommunity Editionの2つが存在しています。Enterpriseは、有償のため ここではCommunity Editionをインストールします。

まず、Alfresco Developersのページから Alfresco-Community-3.2r2-Full-Setup.exe をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを実行し、インストールを開始します。

インストールファイル

言語選択画面が表示されるのでEnglishのまま「OK」ボタンを押します。
※日本語化は、インストール後行えます。

言語選択

インストールの確認の後、Welcomeメッセージが表示されるので、「Next」をクリックします。

次にインストール方法を選択します。デフォルトのままインストールする場合、Typical。インストールする内容を 選択したい場合は、Customを選択します。ここでは、Typicalを選択します。 ※MySQLがインストール済みでインストール済みのMySQLを使用したい場合などはCustomを選択します。
(インストール済みのMySQLを使う場合)

インストール方法の選択

インストール先を聞かれるのでそのまま「Next」をクリックします。

インストール先の指定

画面にしたがって「Next」を押していくと、Alfrescoの管理者パスワードの設定画面になります。 ここで、管理者のパスワードを設定します。

管理者パスワードの設定

引き続き画面にしたがって「Next」をクリックしていくとWeb Studioを有効にするかどうか聞かれます。 Web Studioは、Webサイト構築ツールらしいのですがいろいろ試してみたいのでチェックを入れて次へ 進みます。

Web Studioを有効にするか

以上でインストールが完了します。

Alfrescoの日本語化

日本語版ランゲージパックのサイトから V3.2_ja_JP_07.zipとV3.2_Share_ja_06.zipをダウンロードします。

V3.2_ja_JP_07を展開しAlfrescoのインストールフォルダにあるtomcat\shared\classes\alfresco\messages\へ コピーします。
(例:C:\Alfresco\tomcat\shared\classes\alfresco\messages)

V3.2_Share_ja_06を展開しAlfrescoのインストールフォルダにあるtomcat\shared\classes\alfresco\へ コピーします。
(例:C:\Alfresco\tomcat\shared\classes\alfresco\)

次にAlfrescoのインストールフォルダにあるtomcat\shared\classes\alfresco\extensionにある web-client-config-custom.xmlファイルへ次のように追加します。
(Adding Languages)

<config>
  <client>
     <search-minimum>2</search-minimum>
  </client>
</config>

<config evaluator="string-compare" condition="Languages">
  <languages>
     <language locale="ja_JP">Japanese</language>
  </languages>
</config>

search-minimumの設定部分は、検索する文字列の最小文字数を設定しておりデフォルトでは 3文字となっているため日本語1文字(2Byte)でも検索できるように設定しています。

次にLanguagesの部分で日本語が選択できるように設定しています。選択できるようになったかは ログイン画面で確認できます。

ログイン画面

Alfrescoの起動と終了

スタートメニューに登録された「Start Alfresco Server」及び「Stop Alfresco Server」でAlfresco を実行・停止します。

Alfrescoをインストールしたフォルダーにあるalf_start.bat又はalf_stop.batが実行され、 内部ではalfresco.batがstratまたはstopの引数が渡された状態でコールされています。

インストール済みのMySQLを使う場合

MySQLをすでにインストール済みで、そのMySQLを使用したい場合コンポーネントの 選択画面で「MySQL Database」のチェックボックスからチェックを外します。

インストールするコンポーネントの選択

インストール済みのMySQLに設定してあるrootのパスワードを入力します。

MySQLのrootパスワード入力

「Next」をクリックすると、Databaseへ接続してAlfrescoのデータベース領域とユーザー が作成されます。

Alfrescoのデータベース作成メッセージ

後は、Typicalと同じようにインストールを継続します。