ローカルブリッジを使ったLAN to LAN接続のイメージ

DDNSを使用した基本的な接続から、2拠点間を結ぶLAN to LANを考えてみます。
拠点Aも拠点Bも複数台所有しネットワークを構築していると仮定します。
どちらもブロードバンドルータを経由してインターネットには接続できているものとします。

ここでは、拠点Aと拠点Bそれぞれに仮想HUBを作成し仮想ハブをカスケード接続します。

接続イメージ

拠点Aと拠点Bのネットワークアドレスを一緒にします。

まず、仮想HUBの設定をします。

サーバマネージャー

仮想HUBの管理をクリックして、仮想HUBの管理画面を表示します。
管理画面左下のカスケード接続をクリックします。
拠点Aから拠点Bに向かってカスケード接続する場合、拠点Aの仮想HUBの管理から
カスケード接続の設定をします。

接続のプロパティ

拠点Bのホストやポート、接続ユーザーの設定をします。
設定終了後、カスケード接続をオンラインにします。

カスケード接続できることを確認したら、PC1とPC3それぞれ仮想HUBと実LANをブリッジします。

サーバマネージャー

ローカルブリッジ設定

ブリッジする仮想HUBと実ネットワークに接続しているLANカードを指定します。
この設定で仮想LANと実ネットワークが接続されます。

両方の拠点ともブリッジできれば、LAN to LANができているはずです。